もう死骸をみなくてもいい 超音波ねずみ退治

ねずみの見た目は可愛いけど、寝静まった夜中に活動するので迷惑です。

病原菌やダニやノミなどを体につけて移動します。

さしずめ、歩く病原菌のデパートと呼べる生物なので、見た目に騙されてはいけません。ドブネズミには粘着トラップに加えて、ワルファリンやクマリンなどといった殺鼠剤が使われています。

殺鼠剤に対して強い耐性を持つクマネズミにも、リン化亜鉛という殺鼠剤が登場し効果を発揮しています。

NAVERまとめを利用してみる価値はありますよ。

いずれもねずみ退治の王道ですが、一番の問題点は死骸が出るということです。

天井裏やどこかにあるねずみが通った隙間にねずみの死骸が転がっていることを想像すると、あまりいい気分はしませんし、直接見るのも嫌なものです。
ねずみ退治はしたいけど、ネズミの死骸は見たくない、そんな方に適したねずみ退治方法として超音波機器が注目されています。


ねずみ退治ができる超音波機器は、ねずみが苦手な周波数の音波を発し続けることで、ねずみが住み難い環境を作り出します。
捉えたり殺したりといった方法ではなく、家から追い出すために超音波を使うというわけです。

ねずみの巣があると考えられる天井裏などに設置することが多いですが、徐々に効果を発揮するので殺鼠剤や粘着トラップなどのように即効性はありません。ネズミを追い出すのには一定の時間はかかりますが、クマネズミに対しても効果を確認されているので、試してみることをおすすめします。



また、犬や猫などの嫌い周波数とは異なるので、ペットを飼育している方でも安心して利用できます。
ただし、ネズミと同じげっ歯類であるうさぎやハムスター、チンチラ、昆虫を飼育している場合は悪影響を及ぼすことがあります。