小さなお子さんのいる家庭におすすめ 超音波ねずみ退治

深夜、寝静まった頃に足音を立てて活動し始めるのがねずみです。

住む地域によってねずみの種類が変わるため、それに合わせた対策が必要になります。


再開発が進む都市部では、殺鼠剤に体制を持ったクマネズミが問題となっています。

再開発エリアが近隣になく、住宅街が広がる地域ではドブネズミが主流になっており、田畑が広がる地域ではハツカネズミが主流になっています。

OKWaveについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

この中でも、特に対策が困難なのがクマネズミです。



クマネズミは、中小のビルに生息していましたが、バブル期の再開発ともに住宅街へ移動し繁殖したと考えられています。特にワルファリンやクマリンといった殺鼠剤に対して強い耐性を示していることから、より強力な殺鼠剤であるリン化亜鉛が使われています。しかし、殺鼠剤に耐性を持つスーパーラットも簡単に殺すリン化亜鉛は、強力すぎるという問題があります。
クマネズミ退治のために置いていたリン化亜鉛入の餌を、小さなお子さんが誤って食べてしまうことがあるのです。リン化亜鉛を使ったねずみ退治は強力ですが、同時にリスクでもあります。

クマネズミに効果を発揮するねずみ退治で、小さなお子さんに危険性のない対策として超音波があります。



超音波を使ったねずみ退治は、殺鼠剤を使うのに比較すると即効性がありませんが、持続的にねずみに苦痛を与えるので、住宅から追い出すことができます。

超音波によるねずみ退治は、クマネズミに対しても効果を確認されているので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。